クレジットカードのトラブル

安易に、クレジットカードの滞納を思っているような人がいるのではないでしょうか。
しかしながら、滞納を三カ月以上継続していればブラックリストに載るため、クレジットカードを利用することができなくなってしまいます。
では、ブラックリストというのはどのようなものでしょうか?ブラックリストと言うことでも、信用情報機関に実は登録されている信用情報のことです。
クレジットカードを利用すると、カード業者を通して利用した内容や返済した履歴は信用情報機関に登録されます。
万一、滞納を3ヶ月以上行ったり、返済の遅延を何度も繰り返したりすれば、事故情報としてこの情報は登録され、信用情報機関の全てで共有されるようになります。
ブラック情報とこの事故情報を言う場合があるため、このことをブラックリストに載ると言うのです。

信用情報機関の事故情報は、クレジットカードの審査の際に使われるようになり、いかなる理由があってもこの事故情報があれば、カード業者や金融機関のほとんどの審査に受かりません。
返済の滞納を継続する場合には、クレジットカードを使う資格がないことになります。

この事故情報が登録された場合には、約5年間はそのままになります。
そのため、新しくクレジットカードを作ったり、利用したりすることがこの間は難しくなります。
しかしながら、この期間が過ぎると、クレジットカードを利用したり、作ったりできます。
本サイトでは、覚えのない請求書、紛失した場合の対応、引き落としができない、についてご紹介します。